サポートの重要性

ついに取引する時という状況では、準備をサボってはいけません。

 

売買を始める前であるならば場面を落ち着いて調査する事が可能です。

 

しかし、いっぺんトレードの中に立ち入ってしまうと、何をしても考え方が自己中心的になる事が多く肝心な時に適切な状況がわからなくなる不安があります。

 

その分自身の頭の中が論理的な時に正しく準備を進めておくことが大切です。

 

"準備"のためには、自分の脚本を書くことからスタートします。

 

マーケットはこうなるだろうから、ユーロを売買するというふうにあなたなりのシナリオを立てていくのだ。

 

次に重要なのは日足チャートを確認しましょう。

 

今までの為替相場の上下動を見極めて、今現在の価格を確認する。

 

そうすると、「今現在は割りに低すぎるレベルにある」とか、それとも「今となっては多くの投資家が仕かけているから、この先自分が買い(または売り)しても今さら遅いな」などと見えてきます。

 

言うまでも無くもはや取引するのが遅いと思ったら仕かけないで、それはきっぱりと諦めることが大事です。

 

どう試みても自身のシナリオを押し通そうとして新しく注文すると外国為替市場に跳ね返されてしまい損害を受けることになる危険があります。

 

ただしたいがいの場面で事前に準備している自分なりの筋書きを書いていれば仕かけるのが遅いなということにはなりません。

 

おそらく、リアルにマーケットが動意する前の状態のはずだからです。

 

更に、とりあえず自分が売買しようと検討している通貨ペアの上下の動きをしっかり点検する事が不可欠です。

 

例としてドル高になるという脚本を書いたのであれば、その通貨の動きに注目しておきます。

 

市場の上げ下げを注視し始めた状況ではまだドル円は誰の眼にも明らかに上げ下げする雰囲気を見せることなく、上下に小さな動きをしているだけでしょう。

 

だけど、その変化をじっくりと確認していると、ある位置で確実に、円安の方向へと市場が変化し始めます。

 

ここでやっと、ドル買いの取引します。

 

普通は、これだけ慎重に事前準備をやっておけば、その売り買いで利益を上げる率は相当高くなるはずです。